« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

IC410

処理しながら、どうしようもなく涙が出てきました・・・
ありがとう、しらびそ高原!
そして、しらびそで助けていただいた方々・・・!

After_comp_20141209_02




After_comp_20141209




After_comp_1031_03_3







(2014/10/31 ノイズ処理に星マスクを使用)
After_comp_stella_1031_2

After_comp_stella_03

After_comp_stella_02

撮影日時 2014/10/25-26
撮影地 しらびそ高原

TOA130NS+flatner(1000mm→970mm)/D800E(無改造)
βSGR/ST-i+BORG45ED(CCDOps)
EM200Temma2M CameraControlPro2

露出 300秒×18枚=90分 ISO1600

ステライメージ7
 ダーク・フラット・フラットダーク補正
 ホットピクセル除去
 カラー現像
 
 
 
 コンポジット 
 オートストレッチ 
 レベル補正(ホワイトバランス調整)
 かぶり補正
 デジタル現像

フォトショップCC
 
 
 レベル補正
 CameraRawフィルター(カラーノイズ・輝度ノイズ低減 /星マスク使用せず)
 レベル補正(輝度マスク使用)
 彩度・色相補正


かぶり補正、ノイズ処理など、甘い部分があるのはわかります。
また、フレームワークもよくないです。もう少しIC410を上に上げたほうが良いかも。
スケアリングエラーが出ているのもわかっています。右下と左上ですね。
 ニコンの、タカハシ純正ワイドマウントのせいでしょう。

でも、とりあえず、一時的に処理したものを掲載してみました。
とても大きな一歩になったと思います。

ディスプレイ(PA241W)とタブレット(F05E)との色合い、明るさが全く違いますね・・・。
今後の課題です。皆さんにはどう見えているのだろうか???

2014年10月28日 (火)

欲しいもの<優先順位つけ直し> あと、情報モトム!

ガイド鏡、購入 (ST-i本体は、使用するかな???)
EM200+メタル三脚に対する、延長ピラーを購入 ぶつかり防止
イプ180ED 光軸調整用アイピース購入 ん?これは後でもいいか・・・
TOA130NS改造 ケラレ対策 + ようかん対策 ついでに645RDも購入?
バッテリーは・・・ディープサイクル? ガソリンでの発電機? 悩み中・・・。
ニコンワイドマウント スケアリングとか? 使い捨て???

まずは純粋に撮影を楽しみたいので、「あれら」の購入は、延期です。
「あれら」を買っている余裕は、今の僕にはありません。

もちろん、ようかんは購入します。幸せな撮影のために。


■情報モトム■
ニコンカメラで、バルブ+インターバル+PC転送 同時にできるシステム、
どなたか知りませんか?

撮影中、数分おきにシャッターを切りに行くのは、結構根性いりますよ。
どうか想像してみてください。今はキッチンタイマーが欠かせません。
確実に、5分という露出時間が、体内時計に組み込まれます。
ご飯を食べていても、誰かと話していても、5分後にはニコンが呼ぶんです。
おちつかないですね。

ほかの方がシャッターを開けて、安心して眠っている頃、かすかにどこかでキッチンタイマーの音が・・・・

pipipipipipipipipipipipi  わかってるよぉ、今いくよ・・・!


いじられるのは、そろそろ飽きたので、遠慮します。
だれか、マジで情報を下さい。同情も不要です。

同情するなら情報クレぇ!!!




ちなみに今回の遠征では・・・・・・・

木曜日
 25時過ぎに就寝

金曜日
 4時ごろ起床 東京-岐阜 電車移動 【睡眠時間 2時間半】
 
 
 車で、岐阜から下呂に移動
 車で、下呂からあららぎに移動
 そのまま撮影、仮眠の時間なんてあるわけない
 ガイドは不調だし、5分おきにシャッター切らないといけないし
 思い返すと、撮影中は、一度も車の中に入らなかった・・・(笑)

土曜日
 仮眠を取らず、そのまましらびそへ車で移動
 昼の12時過ぎに到着 食事をいただいて、1時間ちょいだけ仮眠 【睡眠時間 1時間】
 そのまま撮影 もちろん本撮影の時は、仮眠なんてありえない
 朝方のダークの撮影だけ、PC転送は必要はないので、一旦カメラ電源を落とし、USBを外し、レリーズをつけてダーク撮影。この間にやっと少しだけ仮眠 40分ちょいだっけ? 【睡眠時間 40分】

日曜日
 撮影終了後、しらびそで、1時間ちょい仮眠 【睡眠時間 70分】
 その後、下呂に移動 朝6時過ぎに出て、9時過ぎに到着

いったい、この間、何時間寝てるんだぁ!!!
こんな状況で、気合い入れて撮影しているのに、ホントいじられるのはつらいです。
そのうち、撮影中に凍死するか、運転で事故りますね。

・・・・・・・ん??? 絶対死なないぞぉ!こんなことで!

ニコン コントロールプロ2を持っていてもダメですよ。PC転送はするけど、単発のバルブのみ。

レリーズ(MC36Aだっけ?)持ってますよ、でも、インターバル撮影できるけど、PC転送できないので、画像の確認ができない。
カメラの液晶で確認なんて、あんな小さい画面でできるわけがない。老眼も入り始めているし。

ん?レリーズで撮った後に、PC転送をやればいいじゃん???

いい発想だね・・・・でも甘いんだなぁ。そのためには、カメラ電源を落とし、レリーズを取って、USBつないで、カメラ電源入れて、転送して、電源落として、USB取って、レリーズつけて・・・
こんなこと毎回やってたら、ガイドぶれます。面倒です。まあ、ガイドが安定していて、複数枚撮りためしてから、転送できれば、いいんでしょうけどね・・・。そんな体験、あまりないから不安ですね。
 

そもそも、初心者なので、いままで、安定したガイドを続けられたことがない。

  ・・・しらびその最後の時間帯を除く。あの時間帯は、眠れなかったけど、ガイドが抜群に良くて、心地よかった・・・幸せ・・・あぁ、古庄さん・・・ありがとう・・・(笑)





■補足(2014/11/4) いけるらしいアプリ

マクシムDLPro(有料)

http://www.mlunsold.com/ILCameraControl.html (有料)

digicamcontrol  (無料)

http://www.hypershop.com/HyperDrive/iUSBportCAMERA/IUSB-CAM2.html


■補足(2015/1/20) 

MC36A(レリーズ)+CameraControlPro2+D800Eの組み合わせで、
バルブ インターバル自動撮影 かつ、PCとカードにデータ記録、出来るようになっています!
これで、地獄から解放される!!!

※D810も大丈夫です。 D700はダメです。




2014年10月27日 (月)

しらびそ あららぎ遠征 落穂ひろい

_dsc0017_r




あららぎでは、途中からよっちゃんに、電源を分けていただきました。
ガソリンを使う、発電機をお持ちでした。あれは最強ですね。
SG3500を2台持参しましたが、横田のヒーターを初めて使ってみたので、
予想以上に電気の減りが早かったです。
気温は氷点下になりました。今回は、しらびその方がかなり暖かかったです。

撮影途中で、川原林御大から電話があり、ガイドの不調に関して、
あれこれ、愚痴を聞いてもらいました。
川原林御大は、僕がブログを更新すると、電話してくれることがあり、
いつも心強く思っています。

しらびそでは、シェフ大石さんが、料理を振舞っていただきました。
また、別のガイド鏡を試す際に、
アリミゾを、貸していただいたのも大石さんでした。

古庄さんには、ガイド鏡BORG45EDをお借りしました。

電源は、和田さん(?だったと思います)の車から供給していただきました。
撮影前から、電源に関しては、全く問題ないので、
延長ケーブルだけ持参してください、とアドバイスいただいていました。
この延長ケーブルが、運良く、あららぎでも活躍してくれました。

たくさんの方々に救っていただき、本当に感謝しています!
ありがとうございました!
良い天体写真を生み出すことも大切ですが、
僕を支えてくれる方々とのつながりも、それ以上に大切です。
また、自分が将来、周りの方をサポートできるようになりたいですね。

追伸
今日は、下呂で、柿の収穫と干し柿作りをしました。
写真は、そのときの様子です。
また、一枚だけ、しラビその写真を追加しておきました。

_dsc0078_r

_dsc0070_r

_dsc0088_r


_dsc0109_r

_dsc0122_r




2014年10月26日 (日)

しらびそ遠征 あららぎ遠征

_dsc0053_r




24日にあららぎスキー場へ、25日にはしらびそ高原へ、撮影の遠征に行きました。

遠征は今回で3回目、4回目となりますが、
今回は、東京からいったん岐阜に移動し、
そこに置いてある、自分の車に機材を積んでの遠征になりました。

メイン機材のひとつであるEM200とTOA130NSを使っての遠征は初めてだったので、
経験を積むいい機会になりました。

24日はあららぎ。
tukaimaさん、龍之介さん、よっちゃんのほか、
ninzyaさん、のんたさんなど、数名がいらっしゃいました。
紅葉がきれいでしたね。
撮影場所はかなり広く、スキー場の駐車場でもあるので、下はアスファルトです。
空も比較的広く、いい撮影場所でした。

天気は快晴。今までの遠征はすべて快晴で、天気運は味方してくれました。
実は、晴れ男なのかも?

撮影ですが、ガイドがうまくいかず、悩みっぱなしでした。
キャリブレーションのコツは、ほぼつかんでいるので、ここはクリア。
オートガイドは、撮影中、ずっと順調で、ガイド星は中心に居続けてくれます。

ただ、ガイド星がセンターキープされているのにもかかわらず、
全体的に星が、同じ方向に、流れてしまうことがあるのです。
また、低空よりも、天頂付近で流れやすいこともだんだんわかってきました。                          

原因として、考えていたのは

機材の緩み 
鏡筒のたわみ
極軸調整の追い込み不足

などですね。

結果的に、これらはすべて、エラーの原因ではありませんでした。
ただ、この日は、原因が最後までつかめず、
暫定的にエラーを回避する方法を編み出したところで終了しました。

まだまだ経験不足なので、
ガイドエラーを生む、さまざまな原因をネットなどで、あらかじめ調べてはいましたが、
それ以外のものが原因だと、それをつかむのには、かなりの時間がかかってしまいますね。
結局、頼れるのは自分だけ。自分でどうにか考え抜くしかありません。

この日は、スバルだけ、まともに撮影出来ました。

そういえば、前に、下呂で、TOA130NS+TOA35RDを使って撮影したときは、
ケラレが大きく発生していたので、
今回は、フラットナーを使って撮影するつもりでしたが、
アタッチメントをひとつ忘れ、仕方なく、TOA35RDを使いました。
ちょっとアホですね
。あとで家に戻って確認したところ、
アタッチメントは、天頂プリズムにくっついていました。

ガイドエラーの真の原因がつかめなかったので、
この日は、悔しさいっぱいでした。

でも、一生懸命なやんでいれば、いつか、それが晴れるときがやってきます。
翌日のしらびそで、神が光臨しました!

25日は、あららぎから、直接しらびそに向かいました。
あららぎの紅葉もきれいでしたが、
しらびそ周辺のの紅葉は、それをはるかに超える美しさで、
これを見られただけでも、大満足です。
あららぎは、標高1000メートルちょいですが、しらびそは、約2000メートルですね。

あららぎでは、古庄さんや、和田さん、高橋さん、中三川さんなどと合流しました。
ほかにも数名の方と合流しましたが、名前が・・・。ごめんなさい。
あとで、確認しておきます。すみません。

昼の12時ごろに到着。焼肉や焼きそばなどを振舞っていただきました。
こんな場所で、しっかりした料理を口に出来るなんて、本当に幸せですね。
夜もすき焼きなどをいただきましたよ。

雲がやや大目だったので、撮影は難しいのかな、と思っていましたが、
夜の7時過ぎくらいから、雲が一気に消え、快晴になりました。
遠征4回目ですが、天気には本当に恵まれています。

この時期のしらびそは、こんな日が多いようです。
ほかにもたくさんの方がいらっしゃっていましたが、
ほとんどの方が帰らずに待っていたのは、そのことを知っているからなんですね。
夕方に、何人か帰っていった人がいましたが、このことを知ったら残念がるでしょうね。

さて、撮影ですが、セッティングから、古庄さんや和田さんをはじめ、
たくさんのアドバイスを受けることが出来ました。

特に、

FTフードの使い方
ガイド不調の原因解明

これらを得られたことが、最大の収穫でした。紅葉、焼肉、だけでも、来た甲斐があったと思っていたのですが、本当にすっきりしました。

ガイド不調は、古庄さんが、いままでの僕の話を聞いて、不調の原因をすばやくつかんでいただきました。
その分析力は驚嘆に値するもので、まさに神光臨!でした。
それは、僕一人では、なかなかつかむことの出来ないものだったので、
しらびそまで来て、本当によかったと思いました。

また、持参し忘れたアタッチメントの予備を、和田さんが持っていて、お借りすることが出来ました。
これで、この日は、フラットナーでの撮影が出来ました。
和田さんは、ほかの方の機材の不調をすばやく分析して、すぐにその場で修理されていました。
和田さんも神ですね!

古庄さんと和田さんのすばらしいところは、ほかの人のトラブルがあると、すぐに駆け寄ってきて、
一緒になって悩んでくれることですね。初心者の僕には、本当に心強いものでした。

さて、撮影ですが、前半はガイド不調の分析に費やしたので、
IC410(だっけな?勾玉星雲の向かいに居る丸いやつ)と、バラ星雲を撮ってきました。

ガイドは、今まで経験したことのない、素晴らしい精度になりました。
本当に気持ち悪いぐらいの精度でした。
ほかにも、対策すべき点があり、それもあれこれアドバイスを受けましたので、
これからが楽しみです!やっと純粋に撮影を楽しめるようになるかもしれません。
ほっとしたせいか、後半は眠気との戦いでした。

あららぎで沈んだ気持ちが、しらびそで一気に晴れました。
でも、何が起こっても、少しずつ前に進んでいきますよ。
歩みは遅いですが、粘り強さと、行動力を使って、前進します!

撮影画像は、後ほど!

最初の写真は、しらびその青空です。
未処理のままアップしていますので、本当はもっと空は青く、紅葉もきれいでした。

2014年10月20日 (月)

2回目の遠征!

土曜日に、龍之介さんの誘いがありましたので、第2回目の遠征に行ってきました。
龍之介さん、いつもありがとうございます。
途中で、よっちゃんから龍之介さんに連絡があり、よっちゃんとのトークに少し参加させていただきました。

http://ml29050.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/15minutes4-with.html


今回は、コーワプロミナーにレデューサーをつけ、350mmF4で撮影しました。

IC1805 ハート星雲
IC405 勾玉星雲 + IC410
M42 オリオン大星雲+馬頭星雲

上の二つは、僕にとっては淡い対象で、画像処理がかなり難しいです。
ハート星雲は、先日、TOA130NSでも撮影し、その後何度も画像処理を繰り返しましたが、いまだに納得いくレベルにいたっていません(笑)。

とりあえず、今回の勾玉を処理してみました。
初めて、グラデーションマスクを使用し、ミラーボックスのケラレを少し抑えました。
ガイドはうまく行っていましたが、赤道儀との連携がスムーズではないようで、星像が、崩れています。ADVANCED-VXの精度の問題なのかな???

かぶり取り、グラデーションマスクなど、
うまく使いこなせるようになりたいです・・・
フラットとダークも。

New1_comp_29_kabu

撮影日時 2014/10/18-19
撮影地   茨城県花立自然公園

コーワプロミナー500mmF5.6/レデューサー350mmF4
D800E(無改造) /CameraControlPro2
ST-i(CCDOps)
AVDANCED-VX

露出 300秒×29枚=145分 ISO1600

ステライメージ7
 ダーク・フラット・フラットダーク補正
 ホットピクセル・クールピクセル除去
 カラー現像
 
 
 
 コンポジット 
 オートストレッチ(フィルター係数補正あり) 
 レベル補正(ホワイトバランス調整)
 かぶり補正
 デジタル現像
 スターシャープ

フォトショップCC
 
 CameraRawフィルター(カラーノイズ・輝度ノイズ低減)
 レベル補正(輝度マスク使用)
 トーンカーブ補正
 グラデーションマスク使用
 
 彩度・色相補正


IC405 IC410 あわせて、僕にはロボットに見ます(笑)
それとも、両腕を前に構えている、ボディービルダー?


追伸
ジッポーで、軽いボヤ騒ぎを起こし、
こげ太朗になりかけたことは秘密です(笑)

2014年10月15日 (水)

皆既月食 ブルーベルト

jamesさんに、皆既月食中にブルーベルトなる現象が現れると聞いて、
昨日撮影した月食の画像を見直しました。これのことかな?

前の記事の皆既月食は、色を意図的に派手派手にしたので、今回は抑え目にしました。

_dsc9254


2014/10/08
東京都世田谷区
コーワプロミナー500mm
D800E(無改造)

フォトショップCC
 ホワイトバランス調整
 彩度・色相補正


カウントが、1万件を超えました! 読者の方々、本当にありがとうございます!
といっても、このうちの半分は、僕が自分で稼いでいるのでは?と思います(笑)


先週の土曜日には、よっちゃん、近江商人さんによる、第2回画像処理会に参加してきました!2回目ということもあって、理解は深まりましたが、自分の撮影した画像に応用しようとすると・・・・・。

うーん。悩み深い・・・。

処理前の画像が、そもそもクオリティ高いんですよね、よっちゃんも近江商人さんも。
撮影技術などのベース部分の質を、もっと高めよう!と思います。

そうそう、よっちゃんの画像処理DVDは、もちろん買いましたよ。
ご存じない方、興味ある方は、K-ASTECさんに問い合わせてくださいね!

2014年10月 9日 (木)

皆既月食

およそ3年ぶりの皆既月食、しっかり参加してきました!
世田谷区からは、かけ始めは、、雲もなく、綺麗に見えていましたが、皆既状態に入る直前に、厚い雲がかかり始めました。
雲の合間から少しのぞいた月と、皆既状態終了直前に見えた月をどうぞ!
粘って撮影してよかったです。

右側にいる星は、天王星です。

_dsc9077


_dsc9115

2014/10/08
東京都世田谷区
コーワプロミナー500mm
D800E(無改造)

フォトショップCC
 
 
 ホワイトバランス調整
 トーンカーブ調整
 彩度・色相補正

2014年10月 7日 (火)

プロフェッショナルとは・・・

秋葉原・・・
私は、数年ぶりにこの街に立った・・・
はるか昔、この地ではたくさんの戦いが繰り広げられ、そして無数の魂が散って行った・・・
かくいう私も、さまざまな戦いに挑むべく、さまざまな戦いをしたものだ・・・

この街に来なくなってから、いくばくの時が流れたのだろうか・・・
それだけ、私も年を重ねたということか・・・
いや、それだけ魅力のある戦が、もうすでに存在なくなっただけのことだろう・・・

だか、新たな戦いのにおいをかぎつけ、ひさしぶりに、この地を訪れた・・・

戦いに挑むには、まずは信頼のおける武器の確保だろう・・・

とある店の扉を開く・・・
まだ開いていない・・・
ここの店長は、なかなかつかまらないので有名なのだが・・・
腕は確かだ・・・
いい武器も取り揃えている・・・

待つこと数十分、やっと店長が現れた・・・

「待ってたぜ、店長・・・」
「・・・ずいぶん久しぶりな顔だなぁ。また、やるのか?」
「いい武器、あるんだろ?」

しばらくすると、店の奥から、おもむろに、あれを取り出した・・・
黒い四角い物体 ずっしりと重い その漆黒の箱からはすでに風格さえ感じる・・・

「これはまだ試作品だ。3か月もすれば、いいのが手に入るぜ。」
「・・・・」
「これさえあれば、よっちゃんや、近江商人、slo、UTOなんて、一発でやれるぜ・・・」
「そうか・・・あとは俺の腕と度胸次第ってことだな・・・」
「そうだな。でもこれは確かなものだぜ」
「よし、お前の眼を信じて、久しぶりに戦ってやるぜ!」




よっちゃん、お望みの妄想ネタですが、こんなんでどうですか?(笑)

スバル ノイズ低減発動?

先日のスバル、再処理しました
大切にしたのは、色合いと透明感です。

星マスクを使って、ノイズ処理しようとしましたが、フォトショップの使い方がおかしいようで、星のハイライト部分に、格子が出てきて、ブログに表示させると、星が黒く抜けてしまいました。なので、そこは保留にしてあります。

輝度マスクは使用しています。
カラーノイズ処理などは、マスクをかけずにかけてあります。

New1_1013_2




New1_1013


(↓当初アップ時)

New1_03

フォトショップ、まだまだ慣れませんねぇ。
使い方、パズルっぽいです。
同じことをやっているつもりでも、星マスクがうまく作れたり作れなかったり、
変な格子が出てきて、星が黒抜けしたりと、困っています。



撮影日時 2014/09/29-30
撮影地 下呂市内自宅前

TOA130NS/TOA35RD/D800E(無改造)/βSGR/ST-i(CCDOps)
EM200Temma2M CameraControlPro2

露出 300秒×6枚=30分 ISO1600

ステライメージ7
 ダーク・フラット・フラットダーク補正
 ホットピクセル・クールピクセル除去
 カラー現像
 
 
 
 コンポジット 
 オートストレッチ(フィルター係数補正あり) 
 レベル補正(ホワイトバランス調整)
 デジタル現像

フォトショップCC
 
 CameraRawフィルター(カラーノイズ・輝度ノイズ低減 /星マスク使用できず・・・)
 レベル補正(輝度マスク使用)
 トーンカーブ補正
 彩度・色相補正

2014年10月 5日 (日)

カラーノイズ低減 発動

フォトショップCCで、星マスクをつくり、
カラーノイズ低減(50)、輝度ノイズ低減(20)を始めて発動

龍之介さんに、サポートしてもらいました。
あと、よっちゃんのビデオも何度も見て、ノートにメモりました。

出来上がりと同時に、脇がつりました・・・(笑)
今日、ずっと画像処理やってたもので・・・
廃人になりそう・・・(笑) 廃人タロウ(笑)

四隅のケラレなど、隅は処理してませんよ
そこは、見ないでね・・・
グラデマスクとか、周辺減光補正で直すんでしょ?
へいへい、わかりましたぁ。
頭パンパンですから、ちょっと待ってぇ。


(2014/10/16 再処理)
New1_1016

(2014/10/15 再処理) 
New1_1015

(最初掲載時)
New1_st_kabu_cc_05_4

処理を終えて、風呂に入ろうと、水を出したら、シャワーに切り替わっていて、思いっきり頭から、水を浴びました・・・(笑)

あぁ、心臓に悪い・・・。同じ体勢で処理をし続け、血の巡りが悪くなっているところで水浴び・・・
心筋梗塞で死にますね(笑)
ん??ニコンの復讐?それとも、ステライメージ?

そして、お湯がたまったと思い、足を突っ込んだら、水でした(笑)

・・・・・・・どうやら、頭がどうかなってしまったようだ。

もし死んだら、遺稿として、天ガと星ナビに掲載してください(笑)
前、アホトロアーツなんて書いたから、載せてくれないか・・・

スバル M33 TOA130NS/TOA35RD/D800E(無改造)

輝度マスク、使い方はかなり前に理解していましたが、
やっと実践投入しました。

透明感を大切に処理してみました
分子雲?出てますか?
バックを強調すると、かなりもやもや出てきて、楽しくなります!
ガイド流れがあったので、枚数は少なめです。コンポジットしたファイルにも、若干のガイド流れがあります。

天文ガイド・星ナビ入選常連の、よっちゃんや近江商人さん、UTOさん、sloさんなど、ハイレベルの処理をされている方々に、まともに相手にしてもらえるよう、がんばります!

<メモ>
カラーノイズ →星マスク+CameraRawフィルター(フォトショップCCのみに存在)で取り除く!
星の色、もう少し出せるように。
そろそろ、カラーマネージメントをまともにやらないと。今は、主に、自宅のWindowsノートPCで処理している。ColorMunkでキャリブレーションしているけど、ノートでは、心もとない。職場にある、NEC PA241Wを使いたいなぁ。持ってくるかな?

New1_01_cc


撮影日時 2014/09/29-30
撮影地 下呂市内自宅前

TOA130NS/TOA35RD/D800E(無改造)/βSGR/ST-i(CCDOps)
EM200Temma2M CameraControlPro2

露出 300秒×6枚=30分 ISO1600

ステライメージ7
 ダーク・フラット・フラットダーク補正
 ホットピクセル・クールピクセル除去
 カラー現像
 
 
 
 コンポジット 
 オートストレッチ(フィルター係数補正あり) 
 レベル補正(ホワイトバランス調整)
 かぶり取り
 デジタル現像

フォトショップCC
 レベル補正(輝度マスク使用)
 トーンカーブ補正
 彩度補正

そろそろ発動させるべきもの・・・

■フォトショップCCを使って・・・
星マスク
輝度マスク
グラデーションマスク
ハイパス
カラーノイズ低減
CameraRawフィルター

■ステラナビゲータ7を使って・・・
かぶり補正 (これはたまに使ってますが・・・)
周辺減光補正
オフセット

■CCDstack(CCDインスペクターも購入?)

■MAXIM DL 購入 D800Eのコントロール


う~ん、歩みが遅い・・・
まだそれ使ってないの??って、
龍之介さんに、冷ややかな目で突っ込まれそう(笑)

2014年10月 4日 (土)

M33 TOA130NS/TOA35RD/D800E(無改造)

フォトショップCCに、ウェブ用に保存、というコマンドがあったので、今回からは、それを使って、gifで保存してアップしてみます。
今までは、JPGで圧縮して保存し(リサイズ超簡単!Pro)、アップしていました。かなりざらついた画像になっていました。

New2_stella_04_cc


(↓最初アップ時)

New2_stella_cc

撮影日時 2014/09/29-30
撮影地 下呂市内自宅前

TOA130NS/TOA35RD/D800E(無改造)/βSGR/ST-i(CCDOps)
EM200Temma2M CameraControlPro2

露出 300秒×13枚=65分 ISO1600

ステライメージ7
 ダーク・フラット・フラットダーク補正 カラー現像 コンポジット ホワイトバランス補正 レベル補正 かぶり取り・デジタル現像

フォトショップCC
 トーンカーブ補正・彩度補正・カラーバランス

■メモ

TOA130NSなら、フラットナーで撮影すべき対象ですね。レデューサーのテストと言うことで。

四隅の、ケラレ、何とかならないかなぁ・・・
まぁ、あいつが来るまでの辛抱かな・・・あいつ・・・

ちょっとみどりぃですか??→ もう一度やり直しました

IC1805 TOA130NS/TOA35RD/D800E(無改造)

フォトショップを、CS5からCCに変更しました。
ただ、CCで使えるようになった機能は、まだ使っていません。
カラーノイズ、CameraRawフィルターなど、優秀な機能があるようですが・・・

New1_st_kabu_cc_02




New1_st_kabu_cc




New1_02


(↓最初アップ時)

New1_ste_wb_kabu_deji_cc_1024_2

撮影日時 2014/09/29-30
撮影地 下呂市内自宅前

TOA130NS/TOA35RD/D800E(無改造)/βSGR/ST-i(CCDOps)
EM200Temma2M CameraControlPro2

露出 300秒×15枚=75分 ISO1600

ステライメージ7
 ダーク・フラット・フラットダーク補正 カラー現像 コンポジット ホワイトバランス補正 レベル補正 かぶり取り・デジタル現像

フォトショップCC
 トーンカーブ補正・彩度補正・カラーバランス

■メモ

淡い天体なので、四隅のケラレ?が目立ってしまう
かぶり補正も、まだ甘い 一生懸命やったけど、まだまだ・・・
輝度マスクを使ってあげれば、もっと綺麗な画像になりそうだけど・・・
 そろそろ、使ってみるかなぁ・・・

D800Eフルサイズ+レデューサーの組み合わせは、つらいのかも それでも、しばらくはがんばってみるかな。あいつが来るまでの辛抱だよ。

でも、その欠点をカバーできるような、よっちゃんや近江商人さんや、龍之介さんのようなテクニックが欲しい・・・
器用じゃないので、龍之介さんみたいに、急成長はできないなぁ・・・

カウンター数はそれなりに上がっているが、コメントが少ない・・・
きっと僕の作品を見て、なんだよぉ、この作品は!機材はいいのにねぇ。
 
  ・・・・・とか言って、鼻で笑っているに違いない。
チクチョー、今に見ておれぇーーーー!
 ・・・・・何も起こらないかもしれないけど・・・・(笑)


■追伸
ニコンの致命的なバグに関する縛の記事を載せましたが、情報が更新されるたびに、追加しておきますので、興味があれば、前の記事をたまに参照してくださいね。

2014年10月 3日 (金)

アンドロメダ大銀河 TOA130NS/TOA35RD/D800E(無改造)

ステライメージの修行を終え、とりあえず、1作品だけ処理を終えました。
この日は、快晴に見えましたが、GPVで見ると、少しだけ雲がかかっていたのかもしれません。風はなく、近くの外灯は、かなりカバーできたと思います。
念のため、望遠鏡周りを、F2.8/ISO6400/30秒で、写真を撮りましたが、真っ黒でした。

_stella_cs5_stella_1024

撮影日時 2014/09/29-30
撮影地 下呂市内自宅前

TOA130NS/TOA35RD/D800E(無改造)/βSGR/ST-i(CCDOps)
EM200Temma2M CameraControlPro2

露出 300秒×21枚=105分 ISO1600

ステライメージ7
 ダーク・フラット・フラットダーク補正 カラー現像 コンポジット ホワイトバランス補正 レベル補正 デジタル現像

フォトショップCS5
 トーンカーブ補正・彩度補正


ニコンのFマウントは、マウントの内径が小さいので、ケラレが起こる可能盛大
さらに、D800Eは、フルサイズなので、さらに影響大

したがって、四隅、周辺で、ケラレが出ている
星像は綺麗だが、四隅や周辺で、星の線が出ている ケラレと関係あり?
 
 

2014年10月 2日 (木)

ニコン、煮込んでやりたい

皆様、こんにちは!

天体写真撮影なら、キャノンが圧倒的に有利で、しかもフルサイズなら、その差がさらに拡大するのに、なぜが、そんなことは、全く知らないで、ニコンフルサイズD700やD800Eで、無謀にも、天体撮影を続けている、星太朗です。

今日は株も大幅に下げて、含み損が拡大していて、非常に楽しい感じになってきましたよ!!!


知らない方のために・・・ニコンは、マウントの内径が、キャノンに比べて小さいんですよ。だから、フルサイズなんて使おうものなら、ケラレまくるわけです。

いままで、このブログで、フラットがあわないとか、泣いてきましたが、原因は、このニコンのカメラにある可能性が大ではないのか?と思うようになってきました。

龍之介さんが、まぁ、それでも、ニコンを使い続けるのも、面白いのでは、と、いじってきます。龍之介さん、僕はMではありません。どちらかというと、S寄りです。

あぁ、なぜ僕は、ニコンを選択してしまったのだろう?D700を買ってしまった、あのときの自分を、懐かしく思います。タイムマシンがあれば、D700じゃなくて、5Dマーク2だよ、と、アドバイスしてあげたい・・・。あのころは、天体撮影は考えていなかったのだけど・・・

こんなアホな僕に、救いの手を・・・
だれか、ニコンで、苦しんでいる方、仲間になりませんか???
情報共有したいです。ニコンフルサイズ天体仲間、いませんか???

ステライメージ7を使った精神修行について

D800Eで作成した

ダーク 8枚
フラットダーク 20枚
フラット 20枚

最新鋭のステライメージ7で、サクサクとコンポジット中・・・

 20時半から開始して、今25時。まだコンポジット中。
 これは、新手の修行か?
 さすが、最新鋭のステライメージ7!
 コンポジットもスイスイ!恐ろしく速い! なんと言ってもセブンだもんね!

PCのスペックは・・・

M/B GA-X79-UD3
OS Windows7 Ultimate64bit
CPU IntelCorei7-3930K CPU3.2G デュアル
メモリ 16M + HD3T×4台
GC GeForceGTX580

だよん。自作PCじゃ。起動ドライブには、2Tも空きがあるよぉ。

D800EのRAWファイルは、一枚当たり30-40メガとか。
14ビット 最高画質で撮影

最初は、自宅にある、かなり高性能なノートPCで同じ処理をさせたのだか、1時間を余裕で超えるコンポジット作業終了後、終わりましたぁメッセージ出現後・・・に、強制終了! うーん、なかなかユニークな攻撃だ。しかも、3回攻撃したが、3回とも反撃された。
これは、強力な精神が必要だ。

アストロアーツ? アホトロアーツでしょ。

フルサイズカメラでは、ステラのコンポジットは使用禁止です。思わぬしっぺ返しを食らいます。超高性能なPCをお持ちなら、大丈夫かな?あるいは、精神修行したい方、ヒマでヒマで仕方のない方、レッツチャレンジ!

さあ、CCDstackを買いましょう。僕は? もう買いましたよ。
使い方、勉強中です。

実は、アホトロアーツとCCDstackの会社、裏でつながっていて、両方かわせるように仕組んでいるのでは?

裏社会はおそろしい・・・

■追記

ダーク・フラットコンポジット
ダークフラット補正
RGB変換
ライトフレームコンポジット開始 最初は位置あわせ ここで、27時ごえ

もう無理、寝ます 起きたら、位置あわせ、終わってるよね? コンポジットからスタート・・・

どうにかしてくださいよ、このスピード感
よくもこんな商品を世に出してくれるものだ・・・
処理の楽しさを純粋に味あわせておくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!


■追記(2014/10/30)

コンポジットするときに、加算平均(シグマクリッピング)ではなく、単純な加算平均を使うと、時間が、大幅に短縮されます。DVDの解説通りやらないほうがいいということですね。
だったら、そう言ってくれよぉ・・・DVDで。

この情報は、古庄さんからいただきました。

2014年10月 1日 (水)

ニコンへの怒り!!!この怒り、わすれるな忘備録■随時更新中■

D800E USBケーブルでPCに接続してある。

カメラコントロールプロ2【キャノンと違って有料!】を使って、露出を決めて撮影

撮影されたデータは、ViewNX2(無料)で、確認。


自宅に戻り、先週末に撮影したデータを整理すると、明らかにシャッタースピードのおかしいデータが、数十枚 (いや、100枚を超える??!!) あった。

ライトフレームは、300s。 フラット、フラットダークの撮影は、300sのわけがないのに、300sと表示されているファイルが多数。また、ピント合わせのために短時間露出したデータの中に、やはり、300sと表示されているファイルがたくさんあった。

露出時間などのデータは、撮影者の命でしょ?こんな基本的なデータが、誤表示されるとは、いったいどういうことなんだぁー!!!!!


■追記
1日目34枚 2日目35枚 3日目35枚 あほファイルありました。100枚越えです。
カメラのカード、PC、同時記録しているので、D800E本体の問題の可能性がありますね。信じられないです。

ほかのデータも、大丈夫なのか???かんべんしてよぉ。あり得ないバクでしょ。

みなさん、この情報、世界中に発信して、ニコンにプレッシャーかけてほしいです。
ニコンは、天体撮影の世界では、本当に後発で、ヤル気あるのかぁ、といいたい。
昔は鏡筒だって作ってたんでしょ?プライドあるの???

じゃじゃうまニコン、度が過ぎますね。

RAWファイルを提供した。ニコン側の回答は以下の通り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像をご提供いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの件について、担当部署へ調査を依頼しておりますので、
恐れ入りますが、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

以上、ご回答申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ステータスは、【解決済み】となっていた。むかつく!


■追記2

ついでに、カメラコントロールプロ2は、シャッタースピードが、ある特定の範囲に入ると、撮影できているのにもかかわらず、≪撮影できませんでした≫とメッセージを出すことがある。露出ディレーモードで、3秒を選択しているときに、必ずこの症状が出てくる。
ニコンに対し、この情報を■6月1日■に流しているのだが、いまだに直さない。もう4か月も経っている。一度、直しましたので、アップデートしてください、と情報が来たのに、直ってなかった、という、だまし討ちも受けた。

◎この問題に関し、催促の連絡を入れたところ、2014/10/03に、以下の返事が返ってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あらためてご連絡いただいた件について、ご回答申し上げます。

ご指摘いただいておりますCamera Control Pro 2の動作に関しましては、
カメラ側に要因があることが判明しており、現在も調査継続中となりますが、
担当部署へは催促させていただきました。

お客様へはご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、何とぞご了承いただき
ますようお願いいたします。

以上、ご回答申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ステータスは、【解決済み】となっていた。むかつく!


天体撮影は、ただでさえ、気を使うことが多いのに、こんなアホなことで、さらに気を使うことになるとは・・・ ニコンは星景写真を除き、天体撮影には向かないと思っていいと思います。
まぁ、僕は、皆さんのために、犠牲になりながら、もうしばらく苦しんでみます(笑)。


【追記】 
2014/12初旬に、D800Eを修理センターに送付

2014/12/12 修理センターから連絡、原因不明のため、品質保証部に送るとのこと

2015/2/14 やっと原因が判明。ファームウエアのバグだそうです。いずれ、ファームウェアのアップデートで対応するそうです。でも、いつのことになるのやら・・・
いずれにせよ、世界で初めて、このバクを見出したようですね、僕が。

2014/09/29 撮影忘備録

■撮影忘備録■

撮影日時 2014/09/29-30
撮影地 下呂市内自宅前

天気
 快晴? GPVを見ると、一番薄い白領域にかかっているが・・・うす雲は確認しづらい 
 風なし!外灯よけで、望遠鏡周りは真っ暗!(F2.8/ISO6400/30秒で黒べた塗り)好条件! 
 気温 20度 → 12度
 御嶽山噴火継続中 火山灰は長野県方面 影響は感じない 火山性地震はあるのかも?
 

撮影機材
 TOA130NS TOA35レデューサ D800E(無改造) ST-i(CCDOps) βSGR EM200Temma2M

撮影対象 原則 ISO1600 5分
 ○サドル 5枚 (ピント・ガイドの調子を見る 3枚流れ→崩れ始めると止まらない感じ 天頂方向だから?)
 ■アンドロメダ大銀河 21枚(ガイドOK ピントが後半若干ずれ 気温低下の影響か?)
 ■M33銀河 10枚 (ガイドOK ピントOK)
 ■ハート星雲 15枚 (ガイドOK ピント許容範囲か) 
 ■スバル 8枚 (ガイド2枚流れ 途中でウエイトに頭をぶつけて流れる(笑))
 ■オリオン大星雲 7枚 /(ドン!)/ +2枚+25枚(120秒変更) (また頭をぶつける、出血あり(笑))
          (途中で、薄明スタート 人工衛星入りまくり)       

 ガイド 3日目なので、かなり安定してきた
 ピント 対象を変える度に、取り直している 気温とピントとの関係 βSGRとの関係

ガイド 

一度、赤道でしっかり合わせて、その後は、対象の赤緯の値を入れることで、使用する方法を試したい。
安定運用できれば、キャリブレーションは、1日1回ですむから。いや、光学系などが同じなら1年1回?
現在は、そのつど、取り直している。
CCDopsの使い方を再確認すべき。

キャリブレーションは、2回連続で行う バックラッシュの影響を抑えるため(Fさんアドバイス)。
高速移動後に、低速で全方向に移動させればいいのでは?

バランスに関しては、東方向を重めに、という意見もあるが、やはり正確に合わせたほうがいいという人もいる
赤道儀の種類・世代毎に、その癖などが違うから、意見が割れるらしい

星像
 周辺位置の星に、筋が出る 四隅すべて 中央方向に向けて対照的に →レデューサーの影響??

βSGRについて、メーカーに問い合わせ
CCDOpsについて、メーカーに問い合わせ

3日連続の、朝まで撮影は、楽しかったが、さすがに昼になると眠かった(笑)
連続で撮影できると、上達が速そう!

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GPV

  • 岐阜県の雲模様
無料ブログはココログ