« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月27日 (金)

下呂移住 そして・・・ TOA130NFBのテスト撮影!

ブログの更新が、ずいぶん滞っていましたね。
更新を見に来ていただいている皆さんには、不義理をして申し訳ないです。

昨年から、フェイスブックを始めたため、そちらには、近況をぼちぼち投稿しているのですが、これを見られるのは、僕の友人のみですから、こちらも更新しないとまずいですね・・・(笑)

というわけで、予告していた通り、3月から下呂市に移住しました!

不義理をしていた間に・・・


◎EIZOのCG277を購入しました

◎冷却CCD FLIのML29050 CFW(カラーフィルターホイール) アトラスのオートフォーカサーがそろいました

◎TOA130NSは、TOA130NFBに改造され、手元に戻ってきました!

◎EM400 ピラー脚SRS やってきました!

◎自宅前の、電灯(ナトリウム光源、オレンジ色のやつ)に、地元への根回しを済ませてから、スイッチを取り付けました

他に何かあったかな・・・・???


自宅前で、テスト撮影、本格撮影は遠征で、が、基本スタイルになると思います!
新しい遠征地を、ロケハンを重ねて、いくつか、探し当てています。

下呂は岐阜県の中でも、取り残された感のある町なので、探せばいくらでも条件のいい撮影地が見つかりますね!遠征といっても、自動車30分圏内に、かなり良さげな場所が、たくさんあります!これからが楽しみです!


さてさて、昨夜、下呂に移住して初めて、テスト撮影を行いました!


<撮影条件>
TOA130NFB 67FL ニコンD810(無改造)
EM400 ピラー脚SRS
ISO1600 5分
FS60Q + ST-i で、ガイド
月明かりあり  電灯は昨夜の段階ではついていた状態

未修整の1枚、撮って出しの画像が、これですよ!

バラ星雲です

_dsc2935

周辺まで、星像が崩れず、結構シャープじゃありませんか???
これは、かなり期待が持てそうです!!!

しかも、周辺減光、少ない!

TOA130NS + D810(D800E)で、撮影していたときには、周辺の星が、ウニ状になったり、放射状に伸びたりしていたので、この結果には、かなり満足です!
あぁ!改造して良かった!

ニコンマウントの径が小さいことによる影響も、あるのかな、と、考えていましたが、どうやら、狭い接眼部の影響のほうが大きかったのかもしれませんね!
いずれ、新型のTOA35レデューサーでも、テスト撮影してみますね。発売中止になった、645レデューサーよりも、いい結果が出ることを期待して!

そうそう、

ニコンから、D810Aという、アストロカメラがまもなく発売されますね。
サンプル写真を見ると、周辺の星像が崩れているので、非常に悩ましかったのですが、あれも、接眼部の狭いTOA130を使っている影響があるのかも、と思います。あと、使用された望遠鏡の、レンズのコーティングが、劣化している可能性を指摘される方もいます。

いずれにせよ、せっかくの、ニコン初アストロカメラですから、もっとシャープな写真をサンプルにすればいいのに、と思います。星屋さんは、中心だけでなく、周辺像も、かなり気にしますからね!ニコンさん、頑張って!

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GPV

  • 岐阜県の雲模様
無料ブログはココログ