« IC1396 | トップページ | 回転花火銀河M101 »

2015年9月23日 (水)

アンドロメダ大銀河とその仲間たち

9/18-21にかけて、しらびそへ遠征に行きました。
天気が不安定で、1日目の夜半からは、快晴、たまに霧、とまずまずでしたが、
2日目、3日目は、曇り、たまに雨で、完全ボウズでしたwww

1日目は、アンドロメダ大銀河を撮影しましたよ。
夜露が半端ない状態で、主教が曇ってしまったため、露出時間は稼げませんでしたが、まずまずの作品に仕上がったので紹介しますね!

Mean_4sheet_10min_stella_dd_sss_04_

<アンドロメダ大銀河 M31>

我々の銀河系から、一番近い銀河
そういう意味では、隣さんですが、それでも、宇宙スケールでは、約230万光年の距離にあります。いずれ、我々の銀河系と衝突する、と、言われていますが、そのころまで生きていられますかねwww

直径は、約25万光年 ちなみに、銀河系は10万光年なので、かなりでかいんですねー 逆に、この銀河から、我々銀河系を見たら、銀河系は、かなり小さいってことですねー
 
星は、1兆個あるとか? この写真で、数えてみてください! たぶん、全部写ってますwww

<撮影データ>
2015/09/18-19 しらびそ高原 
夜半前から、ほぼ快晴 たまに霧通過 湿度高め 結露あり

TOA130NFB 67FL(1000mm/f7.7)
EM400Temma2M ピラー脚SRS
D810A+MC36A アトラスフォーカサー
ガイド:FS60Q+ST-i(600mm/f10)

マクシムDL6Pro /フォーカサー制御
ステラナビゲータ10 /赤道儀制御
CCDOps /ガイド鏡制御
CameraControlPro2 /D810A制御

dark 10min×17枚 ISO1600
light 10min×4枚 ISO1600(合計40min)
flat 6sec×33枚 ISO200(オーロラパネルEL板 減光フィルタ使用)
flatdark 6sec×32枚 ISO200

RAP2
 ダーク・フラット補正
CCDStacks
 コンポジット(データ除去)
ステライメージ7
 レベル補正・デジタル現像
フォトショップCC
 カラー現像・レベル補正・色彩強調・ノイズ処理など



※サイトアップ前に、jpg圧縮しています(約26Mから、約1Mへ)

※フリッカーに、もう少し精細な写真をアップしています
拡大したい人は、これで見てくださいねー

https://www.flickr.com/photos/134694945@N06/21637493832/

« IC1396 | トップページ | 回転花火銀河M101 »

コメント

いやぁ凄い、最優秀。

龍之介さん、コメントありがとうございます!
また、いつもアドバイスいただき、感謝しています!

でも、あまり持ち上げないでくださいねー
ハードルが上がって、今後、投稿しにくくなります(笑)

今回の作品は、しらびその夜空に助けられましたねー
あと、星像が少しでも良くないものは、厳しく捨て去っていきました
これも良かったのかも?

初めまして!下呂市内に住む今井と申します!
自分も星空とかの写真をスカイメモRSで自宅付近や飛騨川公園などで撮ってます!星太朗さんののようにうまく撮れませんが(笑)
今度、アドバンスドVXを購入しようか迷ってますが(予算的にこれ位かな)
どうなんでしょうか?
何かアドバイス等ありましたら教えてください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2030408/61741074

この記事へのトラックバック一覧です: アンドロメダ大銀河とその仲間たち:

« IC1396 | トップページ | 回転花火銀河M101 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GPV

  • 岐阜県の雲模様
無料ブログはココログ